資料の紹介

 ポストコロナ時代のIT部門には、事業部門のDXを支援する役割が期待されている。ただ、それを実現するには事業部門とIT部門の関係性を変えなければならない。これまで、システム開発は事業部門またはIT部門のどちらかが主導権を握る構造が多かった。

 ただ、これでは事業部門、IT部門、ベンダーの“伝言ゲーム”で事業部門がほしかったシステムが出来上がらなかったり、IT部門がセキュリティや法規制といった都合を“押し付け”て使いにくいシステムになってしまったりする。事業部門のDXを実現するには「事業部門が作り、IT部門がそれを支える」という、フラットな共創型の体制が重要となる。

 本動画では、成功したDX事例に基づき、開発体制の構築、プロセスの工夫、それらを支える開発基盤について解説している。また、事業部門が自身でアプリケーションを開発し、改善し続けていくには、事業部門メンバーのITスキル向上も重要になる。そうしたニーズに応える、基礎から学べる研修についても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。