資料の紹介

 文部科学省が進める「GIGAスクール構想」の一環で、全国の小中学校で1人1台の教育用端末の配布が進んでいる。子ども1人ひとりに最適化した教育の実現や、自宅でのオンライン授業への活用が期待されている。ただ、配備したデジタル端末を具体的にどう活用するのか、頭を悩ませている学校が多い。

 また、教員の仕事量の多さ、特にプリントの準備や整理をはじめとした「雑務」の多さは長年の課題になっている。教育の質の向上と同時に、教員の業務効率化も急務だ。iPadをはじめとした生徒1人1台の端末をうまく活用すれば、この難しい課題を両方とも解決できる可能性がある。

 本資料では、iPadの学校での活用について、2つの事例をリポートする。手書きに対応したデジタルノートアプリを利用して、リアルタイムの記入状況の確認や、画面を同期させた協働学習などを実施。プリントにかかわる雑務をなくしたり、授業のスタイルを変革したりしている。名古屋経済大学市邨中学校・高等学校では1日あたり2時間の雑務削減に成功した。デジタル端末をフル活用したい学校IT関係者は必読だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。