資料の紹介

 主に定型作業をソフトウエアで自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が、今、再注目されている。人手不足の解消や働き方改革に有効と考えられるからだ。RPAの導入は、中堅企業にも大きなメリットがある。ただ、実際の導入にはいくつもの壁が存在する。

 大手企業の場合、RPAを導入する際に、トップダウン型で人材やコストをITシステム部門に集中させて、同部門が主導して進める方法を採りやすい。一方、中堅企業ではそうはいかず、現場の各部署が主導して導入・運用する必要がある。担当者は「専門スキルの不足」や「導入・投資効果の説明」などに頭を悩ませることになる。このような場合、多くの導入実績やノウハウを持つ専門企業に相談するのが解決の近道だ。

 本資料は、中堅企業を対象にしたRPA導入の課題と対策について解説する。また、対策の具体例として、製造業のある会社におけるRPAサービスの導入事例を紹介する。導入の初期段階は、業務の洗い出しからトライアルでのRPA設定支援までのサポートを実施する。次の段階で、作成した自担当業務のRPAをベースとした個別トレーニングで効果的にRPA操作を習得。その後は、自社でのRPA運用と自動化業務拡大を実現しているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。