資料の紹介

 コロナ禍は、人々の働き方や顧客対応に急激な変化を引き起こした。デジタル変革を推進する企業は今後、デジタルおよび物理的な資源とITインフラのバランスをとりながら、リモートワーク、仮想チーム、ハイブリッドオフィス環境といった状況に柔軟に対応できる、拡張性の高いアプローチを採る必要がある。

 そこで注目されているのが、コンテナオーケストレーションにおける事実上のスタンダード「Kubernetes」を用いた、クラウドネイティブなDevOpsである。Kubernetesは複雑なプラットフォームだが、マネージド型サービスを利用することで、熟練したIT要員がいない企業でも、運用の複雑さを軽減できるようになってきた。

 本資料では、Kubernetesがビジネスにもたらす影響や今後の展望について解説する。クラウドおよびクラウドネイティブは、企業戦略において重要な位置を占めているが、スキルが最も不足している分野でもある。コンテナやKubernetesの専門知識を持ち、IT部門のスキルアップを支援できるIT企業を探すことが肝要としている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。