資料の紹介

 クラウド活用が一般的になった今も、基幹システムに関しては、オンプレミス環境での運用を選択する企業は多い。その一方で、ビジネスのデジタル化が進み、データ活用がますます重要になったことで、「オンプレミスとクラウドに分断されているデータやアプリケーションを透過的に扱いたい」というニーズが高まってきている。

 しかし、オンプレミス環境の基幹システムをクラウド基盤へ移行させることは、アプリケーションの作り直しや設定の変更が必要になるため、容易ではない。だが、近年になってようやく、オンプレミスの仮想環境、特にVMware環境をクラウドへ移行するための道具立てが整ってきた。

 本資料では、VMware環境のクラウド化やハイブリッドクラウド環境の構築を進める企業が、クラウドサービスを選択する際に考慮すべき3つの観点を示したうえで、代表的なクラウドサービス2種を、これらの観点から比較。さらに、それぞれどのような企業に向いているかを考察する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。