資料の紹介

 電気自動車やハイブリッド車の心臓部には、バッテリー管理システム(BMS)が搭載されている。BMSは、バッテリーの状態を常時監視し、電池残量を算出して走行可能な距離を予測する。さらに、バッテリーの温度管理や、過充電、過放電、過電流を防止する機能などを使って、安全で効率的な電力供給に向けたバッテリー制御を行う。

 BMSソリューションを自動車メーカーに提供するためには、ISO26262を含む厳しい機能安全規格を満たす必要がある。しかし、自動車業界での認証に向けては、大量の機能安全関連文書に対応しなければならない。タイムリーに開発を進めるためには、認証プロセスを効率化する開発環境の活用が不可欠となる。

 本資料では、機能安全に関連する問題を開発早期から特定でき、認証に必要な作業の多くを自動化できる統合解析ツールについて紹介する。このツールを活用することで、「納期を半減、開発コストも大幅に削減し、大手自動車メーカーに負けない高性能なソリューションを、手ごろな価格で提供できた」とするデンマークのスタートアップ企業の事例も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。