資料の紹介

 クラウドのもたらすメリットをさらに享受しようと、複数のパブリッククラウドを併用するマルチクラウドへの移行が進んでいる。技術、コスト、スケーラビリティなどの要件に応じて、複数のクラウドから最適なサービスを選べる、ベンダーロックインを解消できる、といった期待がその背景にある。

 しかし、マルチクラウド環境では複数のAPIに対応しなければならないため、高度な専門性を持つ人材が必要になり、時間や手間もかかることが多い。また、複数のクラウドにデータが分散するようになると、データアクセスやアプリケーションの応答性能を確保することが難しくなる。

 そこで本資料では、マルチクラウドのメリットを享受しながら、単一ソリューションのシンプルさも実現するというテクノロジーを提案する。さらに、マルチクラウドの活用によって、スケーラビリティやコスト削減、顧客価値の向上などを実現した7社の事例を紹介する。コールセンター、教育機関、アパレルメーカー、分析ツールベンダー、金融などの取り組みを確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。