資料の紹介

 近赤外光や可視光などの光を対象物に照射し、跳ね返ってくるまでの時間を計測することで、物体までの距離や方向を認識するLiDAR(Light Detection And Ranging)技術。1960年代に開発され、アポロ15号で宇宙飛行士が月面探索を行う際にも使われた。現在、この技術が完全自動運転の実現に不可欠なものとして再び注目されている。

 LiDARを活用することで、昼夜を問わず優れた深度情報(距離)の計測が可能になる。このLiDARをレーダーやカメラ、その他センサー類と統合し、自動運転に必要な高い信頼性を実現するために、センサーメーカーから自動車メーカーまで、業界全体でさらなる性能改善や改良に向けた取り組みが進められている。

 本動画では、その開発ライフサイクルを加速するためのLiDARシミュレーションと検証ソリューションをウェビナー形式で紹介する。複数のLiDARセンサーメーカーと連携して実際のLiDARとの比較検証も実施。実物のLiDARを忠実に再現する高精度なシミュレーションの様子も、実際の映像で確認することができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。