資料の紹介

 自動車の電動化を進める動きが盛んになっている。内燃機関で動く自動車は近い将来にも全廃される勢いだ。しかし、電気自動車(EV)はまだ、航続距離や耐久性といった性能面ではエンジン車のレベルに追いついていない。現在主流のエンジン車に匹敵する性能をユーザーが求めるのは当然であり、より高性能な電池に対するニーズが高まっている。そのため、電池の開発競争は激化する一方だ。

 電池メーカーには、より高性能で低価格の電池を迅速に開発して市場投入することが求められる。電池開発のスピードアップが求められる中で、開発を効率化する方法として、仮想環境で設計、開発、テストを行えるモデルベース設計フレームワークが注目されている。

 本動画では、モデルベース設計フレームワークの導入による電池開発の効率化について解説する。例えば、仮想の電池パック上でバッテリー・マネジメント・システムのアルゴリズムを開発しテストすることで、電池開発の工数や時間を削減することができるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。