資料の紹介

 競争の激しい消費者向け製品市場で生き残るために、メーカーは消費者の多様なニーズに応える製品を競合他社に先駆けて開発・市場投入することが重要だ。しかし、製品の設計や開発を段階的に進めていく従来のプロセスでは、開発に時間がかかるため、優れたアイデアを的確に製品へ盛り込み市場投入するスピードには限界がある。

 その解決策として注目されているのがデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。開発の加速、開発能力の活性化、イノベーションを生み出す土台となることなど、様々な効果が期待されている。

 本資料では、DXが製造業にもたらすイノベーションと、DXの核となるデジタルツインについて解説する。デジタルツインはバーチャルなデジタル世界の中に、現実と全く同じ物理的特性を持った仮想の設計物を構築するものである。これにより、実物がなくても動作や性能をシミュレーションできる。なぜデジタルツインが開発のスピードアップにつながるのか、なぜ製造業にイノベーションをもたらすのかを説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。