資料の紹介

 製造業の生産現場にIoT(モノのインターネット)を取り入れたスマート工場。そこでは生産ライン上のすべての機械やシステムから情報収集し、そのデータの分析に基づいて迅速に対応する。こうすることで、運用効率と生産性の大幅向上が期待されている。

 IoTは既に、食品・飲料、石油・ガス、医療、自動車、エレクトロニクスなど数多くの産業で導入が進んでいる。53%の企業が既にIoTに取り組んでいるとの調査結果もある。いつまでも手をこまぬいていると、競争に置いていかれかねない。

 本資料では、製造業へのIoT導入における、8つのユースケースについて解説する。(1)状態監視、(2)資産パフォーマンス管理、(3)予知保全、(4)新たな収益源、(5)エネルギー管理、(6)パフォーマンスのデジタルツイン、(7)在庫、倉庫、およびサプライチェーン管理、(8)新しいビジネスモデルPaaS(Products-as-a-Service)の8つである。ユースケースごとに利点などが簡潔にまとめられており、これからIoT導入を検討する企業にとって、導入効果を理解しやすい内容になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。