資料の紹介

 ドライブレコーダーにAIが搭載され始め、様々なサービスや自動運転関連の開発現場で、走行データが使われるようになっている。しかし、AIの開発には通常、アノテーション(注釈)付きの膨大な教師データが必要であり、これを用意するための人員や時間、予算をいかにして確保するかが大きな課題となる。

 自動運転などの用途を想定したアノテーション付きの学習用データは、インターネット上でも公開されている。だが、そのほとんどは学術研究向けであり、商用利用は許されていない。しかも、日本固有の事情に対応していなかったり、日本の品質基準を満たしていなかったりするものも多い。

 本資料では、自動車向けAI開発に欠かせない、アノテーション付きの国内ドライブレコーダー走行画像データセットを紹介する。実際の画像例とともに、その特徴や仕様、学習効果などについて説明している。同データセットを活用することで、PoC(概念実証)が容易になり、開発費用や期間も削減できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。