資料の紹介

 既存のデータ分析システムを刷新して、パブリッククラウドに拡張する際に考慮しなければならないのが、全社標準化と、各部門の支援との適正なバランスである。部分最適を実現する分析ソリューションは、導入は比較的簡単だが、運用やセキュリティの面でリスクをはらんでいることがある。

 とはいえ、全社規模のプロジェクトで関係部署の合意を得るのは容易ではない。社内の技術チームにはそれぞれ、独自の優先順位や視点があるからだ。さらに、IT部門やデータ管理の責任者が求めるきめ細かなセキュリティやガバナンスのポリシーを満たせるかどうかも検討しなくてはならない。

 本資料では、医薬品、金融、物流などの大手企業5社における、データ分析クラウドの全社導入事例を紹介する。いずれも、標準化された一つのクラウドソリューションを導入することで、職域を越えたコラボレーションを実現し、新たな収益源の創出、運用コストの削減、リスクの軽減などに成功しているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。