資料の紹介

 培ってきた熟練技術やノウハウを次の世代に引き継ぐことが困難になる「スキルギャップ」。この問題が、生産現場では今後深刻化すると予想されている。生産労働人口が減少に向かう中、熟練技術者が定年退職する前に後継人材を確保するのが年々難しくなっていくからだ。

 このスキルギャップ問題の解決策として、AI(人工知能)やIoTといった最先端ITの活用が注目されている。こうしたテクノロジーを生産現場に取り入れ、技術者が培ってきた知識や経験と組み合わせる。

 本資料では、スキルギャップを埋めるための、生産現場のデジタル化について解説する。現場で蓄積されてきた知見と最新技術を組み合わせることで、引退間近の技術者のノウハウや経験を引き続き活用できるようになるとする。さらに、生産ラインを自動化することで、生産性、効率、品質の改善にもつながるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。