資料の紹介

 デジタル変革の実現は、今日の企業の成功と収益性に欠かせない要素である。しかし現状では、ビジネスのデジタル化は不十分であり、大半の企業のソフトウエア・エコシステムはうまく連携していない。一方では、アプリケーション開発に「もっと多く、もっと速く」というプレッシャーがかかっている。

 こうしたギャップが生じる主な要因の一つとして、レガシーシステムを変更することが難しいことが挙げられる。加えて、アプリケーションに対するニーズが急速に変化しているため、ソフトウエア変更の準備が整ったときには、最新のニーズを満たせなくなっているという状況に陥りがちだ。

 本資料では、デジタル変革のギャップを解消し、変化のスピードに追いつくために不可欠なアジリティー(俊敏性)を手に入れるためにどうすべきかについて、300社以上を対象に実施した調査に基づいて説明する。調査結果によると、ローコード開発手法を使用するメーカーがギャップを解消できる確率は、そうでないメーカーの3倍以上であるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。