資料の紹介

 素晴らしい製品のアイデアが出てくれば、製品化への期待が高まり、社内の機運も上がる。しかし、量産化にこぎつけるのは容易ではない。製品のコンセプト確立から設計、製造に至るまでの全プロセスを成功させなければならない。そのためには、社内調整も社外取引も円滑に行う必要がある。

 社内外連携で欠かせないのが、開発元となるデータソースへの安全なアクセスと、データの容量や管理を気にせずに済む環境を整えることである。こうした背景から、クラウドベースのプラットフォームが注目を集めている。

 本資料は、企業の規模や業種によらず、クラウドベースのプラットフォームを利用する企業が増えている実態について調査・検証したリポートである。クラウド導入によってデータ容量・管理に関する課題を解決することが、迅速な製品化につながることについて、数値データを用いながら説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。