資料の紹介

 製品開発の現場では、実際の試作品を作製する前に、CAE(Computer Aided Engineering)解析によりコンピューター上でシミュレーションを繰り返す。こうすることで、課題を早期発見し、開発コストの削減を図る。CAEの応用分野は幅広く、最近では感染症対策への活用や、気象シミュレーション研究にノーベル物理学賞が授与されたことが話題になった。

 CAE環境は、企業の研究開発の成果や設計品質を大きく左右する。CAEには、高精度な解析結果を1分でも速く、1ケースでも多く出力することが常に求められる。では、どのような技術や機材を選定し導入すれば理想的なシミュレーション環境を構築できるのだろうか。

 本資料では、ハイエンドGPUと64コアCPUを搭載したワークステーションが、CAE解析によるシミュレーションのニーズに対してどれだけ応えらるのかを定量的に検証する。使用するGPUの性能やCPUコア数を変えながら解析を行った。検証結果は資料で確認できる。その内容は、CAEの環境整備の参考になるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。