資料の紹介

 製造業の現場では、労働人口の減少による人手不足の問題が深刻化している。この問題を解消する切り札として期待されているのが、生産工程の自動化だ。とはいえ、生産現場には自動化の難しい工程がある。その代表例が検査工程だ。特に、様々な箇所を細かく検査する必要がある場合は、目視など人による作業に頼らざるを得ないことが多い。

 このような検査工程の自動化のキーテクノロジーとして「ディープラーニング」が注目されている。人間と同じように機械に対して手本を示し学習させることで、検査に必要な作業を自動化する。しかし、ディープラーニングの導入は容易ではない。準備万全だと思っていても、多くのエラーが発生し、コストがかさんでしまうケースは多い。

 本資料では、検査工程の自動化に向けたディープラーニング導入のポイントについて解説する。自動車部品のスポット溶接検査を例に取り、分かりやすく説明している。成功への道は、ディープラーニング導入の4つのフェーズを理解することから始まる。各フェーズの背景にある基本原則を学ぶことで、エラーを低減し、高い投資対効果を実現しよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。