資料の紹介

 産業機械は年々複雑さを増している。消費者のニーズが変化するたび、機械に求められる機能も変わる。産業機械メーカーは、複雑な機械を迅速に設計し素早く生産に移すことが求められる。昔ながらの技術や旧式なやり方では、複雑なワークフローをこなしきれず、設計や生産が遅れて受注見込みを失い、従業員の士気の低下も招いてしまう。

 こうした課題に対応するために必要なのはテンプレート化したツールだ。変化する顧客の要件を突き止め、プロジェクト間でデータを簡単に複製、再利用できるツールがあれば、注文に素早く対応しやすくなる。

 本資料では、めまぐるしく変化する市場ニーズへの対応が求められる、産業機械メーカーのための製品ライフサイクル管理(PLM)について解説する。クラウドベースで導入が簡単な、テンプレート化されたPLMを取り入れることで、市場の変化を簡単にフォローすることが可能で、機械の設計や仕様の変更にも迅速に対応できるようになるという。信頼性と柔軟性の高い機械を短期間で市場に投入できるようになることから、収益性も上がり、従業員の満足度向上にもつながるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。