資料の紹介

 産業用IoTは、製造業界のオペレーション管理を効率化し、サプライチェーンを円滑にするなど様々なメリットがある。IoTを有効に活用するには、特定の業務用途のために最適化された、使いやすいアプリを作成することが重要だ。しかし、こうしたアプリの開発には専門的なスキルが求められ、そのような人材は不足傾向にある。

 それを補うのが、プロの開発者だけに頼らなくてもアプリを開発できるローコード開発だ。ローコード開発では、できる限りプログラムを書かず、画面上で部品やロジックを組み合わせることよってアプリを作り上げていく手法だ。短い開発期間で高品質かつ安定したシステム開発を行うことが可能になる。

 本資料では、ローコード開発を可能にするオールインワンのローコードプラットフォームについて解説する。プロの開発者でも、それ以外の領域の専門家でも、自分たちのニーズに合うIoTアプリを作成できるという。プロの開発者向けには従来通りのフルコードの開発環境を提供する一方、アプリ開発のプロではない人に向けたツールとして、AI(人工知能)支援機能付きのモデルベースによる視覚的なインターフェースを提供している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。