資料の紹介

 デジタル変革(DX)への取り組みが加速しているが、成功させることは容易ではない。組織の文化を変えるには相当の時間が必要なうえに、初めての取り組みが多く、参考になる成功体験もないため、現在の施策の方向性が果たして正しいのか確証を持てず、道半ばで頓挫してしまうこともある。

 こうした企業にお薦めなのが、「できるところからDXを進める」アプローチだ。まずはコミュニケーション変革という「土壌作り」で余力を生み出し、その後、業務のデジタル化、事業のデジタル化、デジタルによる新事業構築、の3つのステップを1つずつクリアしていく、といった進め方である。

 本資料では、DXで確実に成果をあげたい企業向けに、「できるところからDXを進める」ための3つのステップと、その「土壌」を作るコミュニケーション変革の実際を紹介する。全社員のスケジュールや仕事内容など、徹底した情報共有により、組織がフラットになり、DX推進の基盤となる風土を醸成できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。