資料の紹介

 このリブは薄すぎないか? このヒートシンクはもっと大きい方が良いのか? どうすればこの部品を軽量化できるか? このような疑問・質問・悩みを、設計技術者は常に抱えている。これらに対する答えを素早く得ることができれば、試作の時間とコストを削減し、製品の市場投入までの時間を短縮し、より良い製品を顧客へ迅速に提供できるようになる。

 そこで注目を集めているのが「シミュレーション主導」の設計だ。シミュレーションは、試作前にモデルを使って、設計の実際の性能を解析・検証する取り組みである。しかし、シミュレーションを設計後の検証のためだけに使っているのでは、その能力を十分に活用しているとは言えない。

 本資料では、従来の解析・検証以上の効果を引き出す、シミュレーション主導の設計の実践法について解説する。シミュレーション主導設計を進めるためには、直感的な方法で誰でも使いやすい高機能のツールを選ぶことが重要だ。そうしたシミュレーションツールについても詳しく紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。