資料の紹介

 現在、多くの業種、業界でテクノロジー導入により業務改革や生産性向上を図る動きが進んでいるが、そういった動きのなかで、アナログでの業務が主体となっている業界がいくつかある。その代表格として挙げられるのが法律業界だ。紙の書類や資料を郵送する、FAXで書類を送るなど、紙媒体を介したやり取りが頻繁に行われている。一部ではテクノロジー導入の動きがあるものの、他の業界に比べるとデジタル化の進展は始まったばかりといえよう。

 法律分野でのテクノロジー導入は、紙媒体のやり取りに限らず、各種文書のチェック・共有・管理、各種申請等の手続き業務など、様々な業務での活用が期待される。さらにいずれも間違えの許されないものであるため、高度かつ専門性の高いソリューションが求められる。本特集「リーガルテック」では、法律×ITにより法務のデジタル化を実現するソリューションを紹介。今後の広がりが期待されるリーガルテックの最新情報をいちはやくキャッチしてもらいたい。