資料の紹介

 システム管理者がシステムを運用する際に使用する「特権ID」。システム上での各種作業が行える権限を有することから、管理体制が不十分であると機密情報の漏えいやシステムの機能停止などシステム全体が重大な危険にさらされることになる。

 さらに、あらゆる権限を持つ特権IDは、権限を悪用することで不正行為を隠匿することも可能。例えば内部関係者が不正アクセスを行ったあと、操作ログを削除したらどうなるか。追跡も行えず原因の特定もできなくなるなど、深刻な問題を引き起こすことが考えられる。

 こうした被害からシステムや企業を守るため、特権IDの管理に取り組む企業が増えてきた。本特集では、特権IDの不正利用防止と被害拡大を阻止するための最新ソリューションを紹介。あなたの会社で特権IDの管理体制が整備されていないのであれば、本特集を参考にリスク回避とシステム防衛に向けた検討を進めてもらいたい。