資料の紹介

 製造現場でも当たり前のように利用されるようになっているIoTやAI。これにより、従来難しかったリモートでのリアルタイム集中工程管理や、トラブルの予兆検知、不良品の自動判定などが容易に実現できるようになってきた。これらを可能にする近道は、パッケージソフトとエッジコンピューターを組み合わせることにある。

 本特集では、製造現場に最適なソフトウェアとエッジコンピューティングを組み合わせ、簡単かつ低価格で無停止を実現する工程監視システム導入時のポイントを具体例を示しながら、わかりやすく紹介する。