資料の紹介

 止めない製造ラインの実現に向けて、最新のIoTを活用したリアルタイム工程監視システムを導入したいのに、いざ着手すると数々の壁にぶつかる。自社開発した既存システムの開発担当者が異動や退職で不在なため、詳細が分からず、機能追加に手を出せないことはよくある話だ。開発やテストのコスト、設置スペース、IT担当者の人員・スキル不足が壁になることもある。

 こうした課題の解決には、ネットワークを通してプロセス制御や集中管理を行う監視制御システム「SCADA」のパッケージソフトウエアの採用が近道になり得る。工程管理システムで重要なのは止まらないこと。主要メーカーのPLCに標準対応したソフトウエアであれば、OSのバージョンアップのたびにシステム開発をする必要もなく低コストで運用できる。さらに、切り替えや交換のしやすいエッジコンピューターと組み合わせて冗長化することで、停止時間は限りなくゼロに近づく。

 本資料では、国産SCADAソフトウエアやエッジコンピューティング導入時のポイントを事例とともに解説する。国産製品のメリットは日本語対応。システムの専門知識を持たない人にも利用しやすく、迅速な運用が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。