資料の紹介

 ファクトリーオートメーション(FA)に不可欠な画像認識・画像処理テクノロジー。これまでも多くの工場で活用されてきたが、人工知能(AI)がかつてないほど身近になった今、改めて大きな進化を遂げようとしている。AIを活用することで、各種コードのOCR検出やアセンブリ検証、欠陥品の検出などがより高い精度で、しかもスピーディーに実現できるからだ。

 しかし、汎用化されてきたとはいえ、AIの活用には開発の難易度やコストなど課題も残る。そこで期待されるのが、AI機能を組み込んだ画像認識・画像処理ソリューションの活用だ。高度な画像認識・画像処理を、AIの専門的な知識がなくても利用でき、自社の生産ラインに合わせて柔軟にカスタマイズできるソリューションが登場している。

 本特集では、これらソリューションの特徴や活用例、仕様などを分かりやすく紹介している。生産現場の生産性や歩留まりのさらなる向上を目指す製造業にとって、有用な資料となっている。この機会に、ぜひ参考にしてみて欲しい。