資料の紹介

 日本の製造業の人手不足は深刻だが、検査、点検、梱包といった作業は現在も人の手や目に依存している。自動化・無人化の取り組みも進んでいるが、検査については従来型の画像分析技術では困難な点が多く、利用できる範囲が限られていた。

 この問題を解決するのが、ディープラーニング(深層学習)による画像解析の技術だ。ディープラーニングにより学習を重ねることで、人と同じように微妙な変化を読み取る高精度の検査が可能になる。さらに、人をはるかに上回る処理速度で結果を導き出すことができる。

 本資料では、ディープラーニングアプリケーションを採用したビジョンシステムについて解説する。この組み込みソリューションによって、光学文字認識(OCR)、アセンブリー検証、欠陥検出を高い精度で高速に実行できる。OCRでは、大きく変形したコードや傾いたコード、エッチングが不十分なコードも解読できる。アセンブリー検証では、ユーザーが定義したレイアウトに基づいて部品やキットが正しく組み立てられているかどうか、複雑な特徴や対象物を確実に検出し、検証することができるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。