資料の紹介

 働き方改革そして新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを実施する企業が急増している。テレワークは時間や場所にとらわれないワークスタイルを実現するものの、ネットワークへの負荷増大を考慮する必要がある。とくに、最近では業務で使用するサービスの大半がクラウドで提供されるサービスであるため、セッション増、トラフィック増による負荷増大をいかに押さえるかがテレワーク時代の安定したネットワーク運用の課題といえよう。

 本特集「クラウドネットワーク」は、急増するテレワーク需要のなか、ネットワーク負荷を抑えて安定したクラウドサービス運用を実現するソリューションについて資料をもとに紹介。クラウド利用における耐負荷、負荷回避、負荷分散といった負荷解消策を1つにまとめてカバーできるサービス、Office365をはじめとしたマイクロソフトのクラウドサービスを安定利用できる接続サービスなど、テレワーク時代を支えるクラウドネットワークの最新技術を理解できる内容となっている。