資料の紹介

 電子メールを経由して被害を受けるケースは後を絶たない。最近では各種のチャットアプリが普及してきたことで、業務でのコミュニケーション手段として電子メールを使う企業も減りつつあるといわれるが、電子メールがコミュニケーションの主流という企業は多い。利用者が多いという点から考えても、電子メールが引き起こす情報漏洩事件や電子メールを利用した標的型攻撃が増加し続けているというのもうなずける。電子メールを業務で使う多くの企業にとって、メールセキュリティ対策は避けて通れない重要な課題といえよう。

 本特集では、電子メールを介したサイバー脅威から企業を守るため、機械学習予測モデルを利用したメール防衛ソリューションを取り上げたい。簡単な設定で導入することでスパム、初期フィルタリング、フィッシング、マルウェア検出が可能になるなど、安定したメールセキュリティを実現。24時間365日、常時監視が行われることで電子メールを安全に利用できるようになる。今回の資料ではソリューションに関する詳しい情報に加えて、セキュリティ攻撃の現状についても分かりやすく解説している。