資料の紹介

 コロナ禍により企業の業務がリモートワークへと軸足を移しつつあるなか、企業ネットワークは転換期を迎えている。特にオンプレミスの自社データセンターでの運用を基軸としていた企業では、リモートワークの急増によりVPNゲートウエイのオーバーロードが深刻な問題となってきた。さらにクラウド利用の増加によるネットワークのパフォーマンス低下、セキュリティー対策の多様化・高度化による運用負荷増大など、企業ネットワークは数多くの課題を抱えているのが現状だ。

 これら課題に対していま注目されているのが、SASE(サシー)という考え方。SASEは2019年に米国のガートナーが提唱した新しいコンセプトであり、ネットワークとセキュリティーの機能をクラウド上で処理することでスケーラビリティーや管理性の向上を目指そうというもの。SASEそのものの定義づけや機能についてベンダーごとで異なるが、ネットワークの諸課題を解決する切り札として注目を集めていることは間違いない。

 本特集ではSASEへの理解を深めるための最新資料を用意。「ゼロトラスト」そして「働き方改革」、この2つのテーマに対しSASEがどういった効果をもたらすか。資料ダウンロードのうえご確認いただきだい。