資料の紹介

 100年に1度といわれる変革期を迎える自動車業界への注目度・期待度は高い。その分、課題も次々と生まれている。複雑化の一途をたどる、開発対象や体制。これに伴い、計測・分析するデータ量も肥大化、高度化が止まらない。それでも、人の生命に直結する自動車の検証は綿密に行う義務がある。いかなる状況下でも、この原則に変わりはない。

 こうした複雑化が計測や分析にもたらす困難は相当なものだ。それに加え、幾度も波の押し寄せるコロナ禍を経て、開発メンバー同士の接触を常に減らす体制が求められる。従来通りの開発や検証の進め方では、もはや立ち行かない。

 今回の「自動車 開発/計測特集」で紹介するのは、こうした課題のスムーズな解決を実現しうるソリューションだ。クラウドの活用や自動化、遠隔地との情報共有に、様々な種類のデータ収集とその蓄積・分析。これら時代にマッチした開発ソリューション、最新動向が一目瞭然だ。ぜひ参考にしてほしい。