資料の紹介

 電気自動車(EV)が当たり前となる時代は遠くない。2020年に850万台だったEVの生産台数は、2030年には1億1600万台に達するとみられている。各国で温室効果ガス排出量の削減目標が掲げられ、業界を超え企業は対応に追われ始めた。高い目標を叶えるためにも、いち早く革新的なEVを市場投入したい。だが、従来の自動車メーカーに加え、多くのスタートアップ企業が参入し、競争は激しくなっている。

 メーカーにとっては厄介な状況がある。それは製品開発タイムラインの短縮化だ。従来約48カ月だったコンセプト開発から市場投入までの期間が、近年では約24カ月にまで短縮。まさに倍のスピードが当たり前になった。革新的な設計・開発を倍速で行い、そのうえで収益性の高い製品ラインを作る必要がある。

 こうした課題の解決に取り入れるべきソリューションとは何か。例えば、デジタル製造シミュレーション。これはコスト要因の早期特定や、正確なコスト見積もりの算出、チーム設計の最適化などを可能にする。新時代のEV開発の姿を知り、その先を見据えるために。ぜひチェックしてほしい。