資料の紹介

 自動車メーカーは、電動化や軽量化といった新たなニーズへの対応に加えて、製品ライフサイクルの短縮が求められている。この数年で、1台の自動車が市場に出るまでの平均期間が半分になったというデータもある。時間とコストに追われる状況では、一つのミスが全体に大きな影響を及ぼす。

 一方、今後普及が期待される電気自動車(EV)は、開発から市場投入までに長い時間がかかっている。ガソリン車に比べて製造コストを把握しにくく、開発の意思決定が遅れやすいからだ。そこで導入したいのがデジタルスレッドである。製造チーム、調達チーム、コストエンジニアリング、調達先まで、最新の情報にアクセスして迅速に全体コストを見積もることができる方法として注目されている。

 本資料は、製造業向けにデジタルスレッドの重要性とメリットを解説する。デジタルスレッドを構築して、製品ライフサイクル全体に関する正確な情報を共有することは、スマートでリアルタイムな意思決定を行う助けになるという。その結果、市場投入までの時間が短縮され、自動車業界に利益をもたらすとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。