3年という期間をかけてデータベースの移行に着手

 一般消費者向けの「不動産情報サイト アットホーム」(以下、at home)の運営に加え、不動産会社向けの情報サイト「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」の開設や不動産データベースの提供、不動産業務ソリューションの提供など、不動産会社向けのサービスも幅広く提供するアットホーム。特にat homeについては、消費者の間での認知度も非常に高く、不動産の賃貸・売買のための情報収集サイトとして広く活用されている。

 もともとat homeは、同社のオンプレミス環境で運用されていたが、このたび、同社はクラウドへの移行プロジェクトを完了した。

 移行作業は、Webサーバー、アプリケーションサーバーから先行し、「Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)」を利用していたデータベースサーバーについては、3年という期間をかけて着実に移行作業を進めた。新たにデータベースとして採用したのは「Amazon Aurora PostgreSQL」である。

 クラウドシフトを進めるに当たり、大規模データベースをどうするかは多くの企業が苦慮する重要なテーマである。実際、同社が3年という期間をかけたのもOracle RACは、社内外のシステムと100を超える連携を行っており、慎重な作業が必要と判断したからだ。

 以下では、このデータベースの移行を中心に、同社のクラウド移行プロジェクトの概要を紹介していく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。