資料の紹介

 楽天カードは、楽天グループの中でFinTech事業の中核を担い、楽天グループで重要な役割を果たすクレジットカード事業を展開している企業だ。現在、アプリケーション開発の内製化を強化している同社は、DevOpsの取り組みを推進している。

 DevOpsにおいては、開発したアプリケーションをテストし、その結果を再び開発にフィードバックするサイクルを、いかに高速に回すかが重要になる。そのためには、テストの自動化、プロセスの明確化、そしてテストの実行状況や進捗の見える化が必須となる。そこで同社は、オープンソースのツールでテストの自動化を目指したが、人によってツールの使い方が違うといった理由から、本格運用にはいたらなかった。

 このため、新たにテスト自動化ツールの導入を決断。機能、技術の先進性、多言語対応、製品のロードマップなどを評価してツールを導入したところ、テストの手間と時間を1/5に削減することに成功した。さらに、必要なときに、必要な人数分の必要な製品だけを利用できるユニークなライセンスにより、コストも大幅に抑えられたという。同社の取り組みをレポートする。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。