資料の紹介

 2020年1月のWindows 7延長サポート終了(EOS)がいよいよ間近に迫り、企業などによるパソコンのWindows 10への移行が本格化している。その一方で、アップデートのサイクルについていけずノウハウを蓄積できないのではないか、膨大な更新ファイルを社内展開するとネットワーク負荷が高まるのではないか、といった不安を感じている企業も多い。

 OSを新バージョンに移行する場合、真っ先に気になることの一つがアプリの互換性だ。これまで使ってきたWindows 7用アプリがWindows 10上で正しく動作するかどうかを検証する必要がある。Windows 10の場合はさらに、WaaS(Windows as a Service)の半年ごとのアップデート、FU(Feature Update)にどのように対応するかという問題もある。

 本資料は、Windows 10への移行や運用における課題とその解決方法を、1300台のPCのWindows 10移行を進めてきた情報システム部門へのインタビューをもとにQ&A形式でまとめている。同社では、Windows 10で追加された「プロビジョニングパッケージ」機能を使うことで、従来のディスクイメージを使う方法よりも迅速にOSを展開できたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。