資料の紹介

 企業がイノベーションを推進してビジネスを成功させるうえで重要なカギとなるのが、ビジネスに不可欠な処理を担う基幹系システムだ。しかし、多くのIT部門は、ITインフラ整備やトラブル対応、ユーザーサポートなどにリソースを取られ、新たな基幹系システムと既存の基幹系システムの両方のニーズに対応することはほぼ不可能な状況にある。

 こうしたなか、ITインフラに求められるのは、よりインテリジェントな自己管理機能である。障害を未然に回避し、重要なアプリケーションが機能停止に陥らないよう自動的に対処するといった機能により、従来のように多くの人手をかけることなく、ビジネスの要求に応え続けることが可能になる。

 本資料では、IT部門の多くが抱えるこのジレンマを解決し、将来にわたって基幹系アプリケーション群の安定稼働に貢献するという自己管理型の「インテリジェントストレージ」を紹介する。AIを活用し、自己診断でシステムの性能や負荷を予測、異常を検出することなどによって、アプリケーションの耐障害性を大幅に高めるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。