資料の紹介

 業種や規模を問わず広く利用されているExcelは、柔軟に使える便利なツールである半面、マクロによる属人化や共同作業のしにくさなどから、業務の効率化を妨げていることがある。実際“脱Excel”を掲げて、専用の分析ツールや集計ツールに移行すべく業務の見直しを図っている企業もある。

 しかし、Officeアプリケーションの普及により広がったExcelはすでに、表計算だけでなく、帳票や見積書、議事録の作成など幅広い業務に適用されているので、その利用を完全にやめることは難しい。できれば“脱Excel”ではなく、使い慣れたExcelと業務システムを適材適所で使い分けることにより、Excel業務の課題を解消し、効率化を促進することが望ましい。

 本資料では、Excelで行われている様々な定型業務をExcelの利便性を生かしながら効率化するための現実解として、Excelによる作業をプログラミングなしで自動化できるデータ連携ツールを使ったアプローチを提案する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。