資料の紹介

 IT関連費用の大半が現行システムの維持管理に使われ、資金や人材を戦略的なIT投資に振り向けられない。このことが、多くの企業でデジタル変革(DX)推進の足かせとなっている。維持管理コストがかさむ原因の1つに、老朽化/複雑化/ブラックボックス化したシステムの残存がある。

 このDX推進の“足かせ”から脱するには、オンプレミスとパブリッククラウドを共存させ連携させる必要がある。情報系システムでパブリッククラウド導入を進める一方で、基幹系システムの重要な情報はオンプレミスに厳重保管しておき、クラウド連携による相乗効果を狙う。

 本動画では、オンプレミスとパブリッククラウドを共存させ、企業のDX化を支援するハイブリッドクラウド環境を提供するサービスとその実現技術、導入事例を紹介する。ソフトウエアからハイブリッドクラウド、デバイス、セキュリティまでをワンストップで提供し、SoE(Systems of Engagement)とSoR(System of Record)の連携を可能にする。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。