資料の紹介

 ITのインフラとして、オンプレミスとクラウドを組み合わせるハイブリッドクラウドを採用する企業が増えている。そこで課題となるのが運用管理だ。オンプレミスのサーバーやストレージなどを管理する一方で、クラウドの運用・管理も必要になる。マルチクラウドになると、さらに複雑は増す。

 データの置き場所も問題だ。オンプレミスとクラウドのどちらに置くのが最適なのか、データに合わせて正しく判断するのは難しい。しかも、扱うデータは爆発的に増大している。さらに、オンプレミスとクラウドを連携するシステムでは、パフォーマンスやセキュリティも問題になる。

 こうした複雑な問題の解決は、もはや人間には困難だ。AIを活用した最適化・自動化が求められる。それには、ハードウエアから自動的に収集したデータをAIに取り込んで分析し、故障を予知したり、パフォーマンスを最適化したりする仕組みが必要になる。本動画では、世界中の膨大なハードウエアから自動的にデータを収集し、AIで分析してインフラの運用管理に役立てる最先端の仕組みを解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。