資料の紹介

 企業が競争優位性を確保するためには、ビッグデータの有効活用が欠かせない。様々なチャネルから得られる膨大なデータは、文字通り「宝の山」だ。しかし、リアルタイムに発生する大容量で多様なビッグデータは、セキュリティ上の理由でデータの複製・移動が困難になっているうえに、従来のBI(Business Intelligence)ツールでは扱いにくくなっている。

 というのも従来型BIツールでは、事前にデータソースからの抽出作業が必要になるため、常に最新のデータを使えるとは限らないからだ。さらに、データが増えて性能不足で操作性に問題が出たり、専用クライアントが必要なためWebアプリへ埋め込めない、など拡張性に制限があったりもする。

 本資料では、データ利活用の仕組みを根本的に見直すことで、非構造化データを含んだビッグデータ分析や、IoT分野におけるストリームデータのリアルタイム分析を可能にするBIプラットフォームを紹介する。従来型とは違って、データソースからの抽出作業が不要で、全データを対象として可視化分析を行うという。さらに多様なビッグデータに対するアドホックな分析が可能となり、データソースの移動を無駄に生じさせない効率的なデータ活用を実現できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。