資料の紹介

 働き手の減少や外部環境の変化により、働き手や働き方が今後ますます多様化すると、お金の支払・決済方法が煩雑化することは避けられない。こうした状況において、企業における個人のキャッシュマネジメントや個人財務管理をいかに効率化するかが、新たな課題として浮かび上がっている。

 企業活動における従業員の消費行動が、多様な決済手段を通じて行われるようになると、経費精算が生産性向上の足枷となりかねない。ERPやクラウドの導入により経費精算業務のシステム化は進んでいるが、レガシーなまま取り残されている部分も多い。月末・月初には、営業担当や経理担当が経費精算作業に何時間もかけている企業も少なくない。

 本資料では、企業の規模別でみた経費精算業務システムの採用実態や、経費精算に求められている要件について示した後、煩雑化する決済方法に適応した次世代の経費精算・管理プラットフォームを紹介する。従業員の経費精算にかかる時間を付加価値業務へシフトさせると共に、従業員と企業の間のお金にまつわる全てのやりとりの利便性を向上させることで生産性向上に寄与する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。