資料の紹介

 AIを駆使して未来予測を行う――わずか5年前には夢物語だったことが現実となってきた。ビッグデータを利用する環境が整い、解析アルゴリズムが急速に発展。さらにグローバルなITプレイヤーたちが惜しみなく開発資金を投入することで、米国を中心に予測情報の提供企業が幅広い業界で誕生するなど盛り上がりを見せる。

 AI予測は海外で「予測分析」と呼ばれ、事業活動における新たな“武器”としても注目されている。例えば株価や経済事象・リスク予測は親和性の高い分野であり、大手金融機関の内製化も進む。2018年、経済リスク予測を手がける米スタートアップの「Dataminr」がユニコーン(企業価値が10億ドルを超える未上場企業)となったのは記憶に新しい。

 本資料では、AIによる未来予測を「Forecast Tech」(「Forecast」と「Technology」をかけあわせた造語)と定義し、米国を中心とした実用化事例を紹介する。その内容は、需給予測、株価予測、経済リスク、サイバーセキュリティリスク、犯罪発生予測、感染症拡大リスクと多岐にわたり、日本での事例も含んでいる。AIソリューションの大きなトレンドとして知っておきたい情報だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。