資料の紹介

 データセンターや基幹ネットワークに欠かせない光ファイバー・ネットワーク。「いつでも、どこからでも必要な情報にアクセスできる」ことが利用者の要求であり、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下は許されない。だが、数百ギガビット/秒(Gbps)の高速ネットワークが、たった一つの微小な埃でダウンすることがある。

 10Gbpsから40Gbps、400Gbpsへと高速化する光ファイバー配線に要求される品質水準は年々厳しくなっており、より再現性と確度の高い測定が求められている。ネットワークの信頼性を高めるには、光ファイバー損失試験の障害となるコネクタ部の汚れなどの問題を特定するためのOTDR(光パルス試験機)による解析や、光ファイバーの端面検査とクリーニングを試験手順に組み入れることが不可欠だ。

 本資料では、高速光ファイバー・ネットワークの最新の規格動向と市場動向を概観するとともに、光ファイバー・インフラ構築に関する最新知識を紹介する。光ファイバー伝送の基礎、想定した性能を確実に実現するための配線性能要件、敷設ケーブル品質の適切な評価方法、認証と効率的な障害対応方法などについて、網羅的かつ具体的に解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。