資料の紹介

 データセンター事業者や企業は、ネットワーク帯域幅に対する爆発的なニーズの拡大に対応するため、光ファイバーケーブルに大きく依存している。光ファイバー・ネットワークのパフォーマンスと稼働時間を極限まで高めるためには、光ファイバー配線規格への適合性試験と、配線品質の最適化が極めて重要になる。

 光ファイバー配線における損失は上りと下りで異なるため、本来は双方向について試験をする必要がある。しかし、双方向試験は作業の手間が倍になったり、遠端側まで赴いての測定が難しい場合があったりするため、作業時間の短縮を要求される現場の作業者は、必要性を感じつつも、双方向試験を省略しがちなのが実情だ。

 本資料では、このような現場作業者の悩みに対し、「光ファイバー配線の上りと下りの損失の違いを平均化して正確に測定する」作業をより簡単に進められる手法を解説する。2本のファイバーの自動テストと自動解析が1度の操作で済むので、従来の試験時間を半分以下に短縮できることに加え、遠端での作業が物理的に難しい場合にも、試験を簡単かつ短時間で実施できるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。