資料の紹介

 ビジネスにITが不可欠となった現在、迅速な新サービス投入や事業立ち上げ、業務改善など、IT部門の積極的な関与が不可欠なプロジェクトは増えるばかりだ。一方で、コスト削減、安定稼働、コンプライアンス強化といった要請も年々強まっている。

 いまだシステム投資の多くが、既存システムの運用維持に向けられているのが現状だ。このような状況でシステム運用プロセスが旧態依然としていては、ビジネスの足かせになりかねない。そこで改めて関心を集めているのが、システム運用の品質を維持しながら、業務を継続的に改善していく仕組み「ITサービス管理」である。

 本資料では、ITサービス管理の取り組みが、いかにシステム運用の課題を解決するのかを説明したうえで、IT運用の改善を助けるITサービス管理ツールを紹介する。IT担当者が今起きている問題を確実に把握し、各所からの要請に迅速に対応するためには、ダッシュボードや自動化、インシデント情報収集、他システムとの連携といった機能を備えたツールを活用しサービスデスクを設置することが有効としている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。