資料の紹介

 フラッシュストレージは、その高いパフォーマンスと耐障害性で、デジタルトランスフォーメーションを牽引するアプリケーションを実行し、ビジネスの変革を加速する立役者となり得る。しかし、その一方で、オールフラッシュストレージは、ディスク駆動型のストレージよりも高価になりがちだ。

 フラッシュストレージの利点を生かしたフラッシュ駆動型データセンターに移行しようとするなら、フラッシュストレージによって容量の増加と効率の向上を確実に実現できなければ意味がない。重複排除や圧縮などのデータ削減テクノロジーは、フラッシュメディアの耐久性を高めると同時に、システムのフラッシュ容量を最大限に活用し、フラッシュの経済性を向上させるのに役立つ。

 本資料では、常時稼働型のデータ削減テクノロジーを搭載したディスクアレイにより、大きなデータ削減効果を期待できるフラッシュストレージ製品を紹介する。平均的なユーザーの場合、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)で7.5倍以上、仮想サーバー環境とデータベースで3倍以上のデータ削減率を達成できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。