資料の紹介

 企業が働き方改革を進めるうえで、テレワーク、在宅勤務などのリモートアクセスの導入は有効な手段の一つ。働く場所の制限から解放され、利便性が飛躍的に向上する一方、VPNなどのインフラ整備が必要となり、課題も発生する。働く場所が自由になることによる「意識レベルの低下」だ。仕事とプライベートの切り分けが難しく、労働時間の管理やセキュリティの確保が大きな課題となる。

 リモート環境の課題解決には「業務状況の見える化」の実現が必要。利用者のセキュリティ意識を向上させるには端末で行っている操作を記録・管理分析する「操作ログ管理」が有効だ。アプリケーションやキーボード操作を可視化することにより、実際の業務時間を正確に割り出すことが可能になる。そして機密情報の漏洩を防ぐうえでは、ネットワークやコンテンツ、物理的なデバイスの制御が可能な持ち出し制御ソリューションを導入することでセキュリティをより強固なものにする。

 本資料では、リモートアクセス環境における課題と解決のためのソリューションを紹介。企業やユーザーの抱える問題から、解決に必要な「業務状況の見える化」実現への道程を詳しく解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。