資料の紹介

 今や企業のビジネスはITなしには成り立たない。基幹系システムをはじめ、営業管理システムや購買管理システム、顧客管理システムなど、さまざまなITシステムを効率よく使いこなして生産性を向上させられるかどうかが、競争力を高め、ビジネスを成功させるカギとなっている。

 ITシステムを有効活用するために欠かせないのが、ユーザーが常時、快適に各種のシステムを使えるようにする運用管理である。しかし、多くの企業では、IT予算の大半が既存システムの維持費用(守りのIT)に費やされ、新規分野でのシステム投資(攻めのIT)になかなか回せないという現状がある。この問題を解消するには、IT部門の業務を見直し、ユーザーサポートなど、多くのリソースを取られる業務を継続的に改善していく取り組みが必須になる。

 本資料では、上記の課題解決を助ける具体策として、システム運用業務のベストプラクティス「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」に準拠したクラウド型のITサービス管理ツールを提案する。「攻めのIT」に向けて運用管理業務を抜本的に見直した西武グループ、イオングループの取り組みとその成果についても触れている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。